いまやAGAは有名な脱毛原因となっており男性はこの脱毛症で薄毛になるとよく言われています

ではそもそもAGAはどういった原因で発症するのかと言えば、根本にはジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛物質の存在があります。
ジヒドロテストステロンは別名DHTとも呼ばれており、この物質が増加すると毛周期が乱れますので髪が正常に育たなくなってしまうのです。つまり抜け毛が多くなりますし、新しい髪も生えにくくなりますから次第に頭皮が目立ってきて薄毛やハゲにさせてしまいます。
ジヒドロテストステロンがどのように誕生するのかと言えば、テストステロンと5αリダクターゼが関係します。前者は男性ホルモン、後者は還元酵素なのですが、これらが結合することで生成されてしまいます。いわばジヒドロテストステロンは悪玉の男性ホルモンであり増加することで髪にとって良くない存在になってしまうのです。
男性なら誰しも男性ホルモンを持っていますのでAGAが発症する可能性があり、結果的にこの脱毛症で薄毛になってしまうことがあります。しかしながら世の男性を見れば分かるように、髪が少ない人もいれば、一方でいつまでもふさふさの人もいます。つまり何らかの原因で薄毛になりやすい体質となりにくい体質に分類されているのですが、両者を分ける原因がいくつかあるのです。
まず薄毛になる大きな原因となるのが遺伝です。DNAレベルで薄毛のなりやすさが受け継がれていますので、薄毛家系の場合ですと将来的に髪は薄くなりやすいと言えます。反対に薄毛の遺伝子との関連が低ければ髪の悩みは持ちにくく、簡単に薄毛になってしまうことはないのです。だからといって薄毛にならないわけでもありませんので注意が必要です。
他にも薄毛を促進する原因があり、生活習慣が乱れている場合も注意が必要です。日ごろの生活が荒れているようですと脱毛物質も増加しやすくなりますし、また、食生活が悪かったりすると髪を育てる栄養が不足しますので薄毛リスクは高まります。加えて睡眠時間が少ないと髪も育ちにくくなりますから、生活習慣を乱さないように心掛けることが大切と言えるでしょう。
喫煙をしているかどうかも薄毛リスクを左右します。タバコを吸っているとDHTも増加しやすくなると言われていますので注意が必要です。また、タバコには血行を悪くする働きもあります。血液が上手く流れていかないと髪にも栄養が行きにくくなりますので薄毛になる確率を高めてしまうのです。
ストレスにも注意しなければいけません。精神的な負担があると自律神経が乱れたりホルモンバランスを崩してしまうと言われていますが、これらも髪の成長に影響します。実際、ストレスを感じている場合ですと男性ホルモンに影響してジヒドロテストステロンの増加を促進することになるのです。さらにはストレスは血行を悪くしたり不眠を引き起こして健康を損ねるなどの原因にもなりますので、髪のためにはストレス対策をきちんと行うことが必要です。
参考WEBサイトURLagafukuoka-clinic.com