薄毛の悩みを解消したいのならタバコをやめよう!

薄毛対策にもいろいろありますが、もしあなたがタバコを吸っているなら、ぜひとも止めることをお勧めします。他の対策をいくら打っても、それらのすべてを台無しにするくらいのマイナスがタバコにはあるからです。よく百害あって一利なしと言われます。そんなことを言っても、ストレス解消になるし、コミュニケーションツールにもなる、なにより止めるのは辛くて仕方がない、という人も多いと思いますが、薄毛が進行してもいいのでしょうか。
さて、ではなぜタバコが薄毛をもたらすのか、なぜ止めることが薄毛対策になるのかを説明していきます。実は一つや二つではないのです。
まずは、血行に与える影響です。薄毛対策の一つに、頭部の血行をよくするというのがありますね。ところが、ニコチンには血管を収縮させる働きがあります。つまり、血行が悪くなってしまうのです。もちろん頭皮の血行にも影響があります。さらには、単に血管を収縮させるだけではなく、動脈硬化が進行してしまうこともあります。こうなってくると、喫煙時だけではなく、吸っていないときでも血行は悪くなってしまいます。
次に、ビタミン類を大量に消費してしまいます。ビタミンB群やビタミンEなどは育毛のためにも重要なビタミンなのですが、喫煙によってこれらのビタミンが消費されてしまい、髪にまで回らなくなってしまうのです。ちなみに、喫煙はビタミンCを消費することはよく知られています。あまりビタミンCは髪には関係しませんが、肌への影響、老化など、ビタミンCを消費することにいいことは一つもありません。
上に挙げた二つは、ほぼ確実に喫煙による悪影響があると分かっているものですが、そのほかにも、間接的に悪影響を及ぼしていると推定されるものがあります。
一つは、ホルモンへの影響です。薄毛について調べたことのある人なら、ジヒドロテストステロンというホルモンのことは聞いたことがあるでしょう。薄毛を進行させるホルモンです。喫煙により、このジヒドロテストステロンが増加すると言われています。タバコの成分のうちの何が影響しているのかまではわかっていませんが、結果的に増加していることが示されているのです。
もう一つ、肝臓に対する悪影響です。タバコには様々な化学物質が含まれています。これらの多くは体にとって有害なものですから、体の解毒工場である肝臓で分解されます。もちろん、タダで分解されるわけではありません。それだけ負担をかけるのです。その分、本来の働きができなくなることは、髪にも影響が大きいと考えられています。